ネイティブ英語

「yep」の意味とは?英語スラングの読み方・使い方・「yes」との違いを徹底解説!

日本語ではあいづちを打つ時や返事をする時には、はいを良く使いますよね。英語でそのまま訳すと「yes」になりますが、話す相手が友達などの近い関係にある場合は少し不自然に感じてしまいます。そこで今回の記事では、自然なあいづちや返事ができるように「yep」というスラングをご紹介します。気軽に話ができる場面で使ってみましょう。

続きを読む

「仕事頑張って」を英語で!ネイティブの英語表現まとめ【恋人や友達にも】

「頑張って」という言葉は日本人にとって、相手を励ます激励の言葉として、幅広く使われていますね。しかし、英語には日本語の「頑張って」を上手に表すフレーズがありません。海外の人たちにとって仕事を頑張ることは当たり前で、とりわけ日常会話の中で相手を鼓舞する表現の仕方はしないようです。さて、ネイティブは仕事を頑張ってほしい家族や恋人、親しい友達にどんな言葉を投げかけるのでしょうか。

続きを読む

英語「e.g.」の意味とは?略語スラングの読み方・使い方・発音方法を徹底解説!

論文やビジネス文書などで、頻繁に用いられるスラング「e.g.」。手紙やチャットなど、プライベートな文面でも手軽に使えるので、汎用性に優れているのが特徴です。今回はそんな「e.g.」の意味や使い方を、詳しく解説。読み方や日常的に使えるフレーズなども紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

続きを読む

英語「TBA」の意味とは?略語スラングの使い方を徹底解説!【TBDやTBCとの違いも】

イベントやミーティングなどのスケジュールを表記する際に、よく見かけるスラング「tba」。日常の様々な催しなどの予定に関しても使われることが多いので、非常に一般的なスラングです。今回はそんな「tba」の意味や使い方を詳しく解説。関連スラングとの違いや、ニュアンスのわかりやすいフレーズも紹介するので、是非チェックしてみてください。

続きを読む

「oops」の意味とは?英語スラングの読み方・語源・発音方法を徹底解説!

映画のセリフから日常会話まで、頻繁に見かけるスラング「oops」。瞬間的に使う間投詞や感嘆表現として使えるので、覚えておくと何かと便利ですよ。今回はそんな「oops」の意味から使い方まで、詳しく解説していきます。ニュアンスの掴みやすいフレーズもご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

続きを読む

「shit」の意味とは?英語スラングの読み方・語源・発音方法を徹底解説!

「shit」は日常会話から映画のセリフ、曲の歌詞まで幅広い場面で使用されるスラング。かなりカジュアルで使用する相手などは選びますが、幅広い意味を持っているスラングなので、覚えるとボキャブラリーが広がります。今回はそんな「shit」の意味と使い方を詳しく解説。使えるフレーズも詳しく紹介しているので、是非確認してみてくださいね。

続きを読む

「nope」の意味とは?英語スラングの読み方・使い方・発音方法を徹底解説!

英語学習者の皆さんは英語で違うと言いたい時はどんな言葉を使いますか。「no」をよく使うと思った方が多いのではないでしょうか。今回の記事ではカジュアルに軽く否定をしたい時に使える言葉「nope」をご紹介します。スラング言葉であるため、会話の中で使えばよりナチュラルに格好良く聞こえますよ。

続きを読む

「omg」の意味とは?英語スラングの使い方・返し方・発音方法を徹底解説!

ドラマや映画のセリフ、日常会話など、様々な場面で使われるスラング「omg」。非常にスタンダードな感嘆表現として、英語圏では頻繁に使われていますよ。今回はそんな「omg」の意味や使い方を詳しく解説していきます。発音や、日常的に使えるフレーズも紹介しているので、ニュアンスを掴んでみてくださいね。

続きを読む

「bitch」の意味とは?英語スラングの語源や使い方を徹底解説!

少々下品で過激な印象を持つ「bitch」は、嫌な人物や事柄を表したり、感情表現に使用したりと、幅広い場面で出会うスラング。カジュアルで失礼な意味合いも含んでいるので、使用する時や相手には注意したいですよね。今回はそんな「bitch」の意味や使い方を解説していきます。間違った使い方で無礼な印象を相手に与えないように、ニュアンスを掴んでみてください。

続きを読む

「badass」の意味とは?英語スラングの読み方・使い方・発音方法を徹底解説!

映画やドラマのセリフや、歌詞の中で見かけることの多いスラング「badass」。威圧感のある文面で、砕けた雰囲気を持っていますが、使い方は意外にもポジティブなことがほとんどです。今回はそんな「badass」の使い方や意味合いを詳しくご紹介。語源やフレーズも解説しているので、是非ニュアンスを掴んでみてくださいね。

続きを読む