「スペル教えて」を英語で!【名前の綴りなど】

英語を勉強していると、綴りが分からない単語がたくさん出てくると思います。特に書くことに重点を置いて勉強している方だと、分からないスペルは質問しておきたいですよね。分からないことを分からないままにしておくのではなく、その都度質問したり調べたりすることの積み重ねが、英語上達の近道ですよ。

続きを読む

「最初の文字はなんですか?」を英語で!

英語を学習している方で以外と多いのが、単語の最初の文字が気になることです。例えば「書く」という意味の「write」。簡単な単語でも普段英語を使わない環境にいると、「ライト」の頭文字も忘れてしまいがち。また、ここまで出てきているけど単語が思い出せないとき、「最初の文字だけ教えて」なんて質問ができたら便利ではないでしょうか?また、単語の綴りを全て聞きたいときに役立つ英語フレーズは別の記事で紹介しています。

続きを読む

「お気に入り」を英語で!【お気に入りに追加も】

自分のお気に入りを相手にも知ってもらいたい、と思ったことはありませんか?自分の好きなものを相手と共有するとことで、よりお互いの距離が縮まるかもしれませんね。さて、「これ気に入ってるんだよね」と相手に伝えるときは、英語で何と言えば良いのでしょうか。また、お気に入りに「夢中になっている」という英語フレーズは別の記事で紹介しています。

続きを読む

「領収書をください」を英語で!

出張で海外へ行ったときなど、支払いの際に領収書が必要なときがあると思います。レストランでお会計をするときやタクシーから降りるときは、バタバタすることが多いのでスムーズに領収書を発行してもらいたいですよね。さて、海外で領収書を発行してもらうとき、英語で何と言えば良いのでしょうか。

続きを読む

「単語を調べる」を英語で!【ネットで調べる・スマホで調べる】

英語を学習していると分からない単語に出くわすことがあると思います。レッスンなどでは英語の先生を前にして、「調べます」と伝える局面があるかもしれませんね。今回は英単語に限らず、何かを調べるという表現をご紹介。また、「探す」の意味での調べるというフレーズは別の記事で紹介しています。

続きを読む

「何か手伝いましょうか?」を英語で!【大丈夫ですか?】

道で困っている人を見かけたら、一言声を掛けたくなりますよね。私たちが海外で戸惑うことが多いように、海外から来た外国人の方も日本では分からないことだらけです。外国人観光客が困っていたら、ぜひ助けてあげたいですね。さて、「何か手伝えることはありませんか?」と英語で話しかけるときは、どんなフレーズを使えば良いのでしょうか。

続きを読む

「どっちでもいいよ」を英語で!【なんでもいい】

買い物をしているときや、食事をするときなど、どれかを選択しなければならないシーンが出てくると思います。目の前に好きなものが並んでいるとき、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。さて、英語で「どっちでもいい」は英語で何と言えば良いのでしょうか。また、「あなたにお任せします」と相手に委ねる英語表現は別の記事で紹介しています。

続きを読む

「それは関係ない」を英語で!【自分には関係ないケースも】

会話をしているときに、相手が自分の言ったことを勘違いしてしまうことがありますよね。英語が上達するまでの過程においては、向こうが言葉の意味を取り違うことが幾度となくあると思います。そんなとき、英語で「それは関係ないよ」と説明を入れるときは英語で何と言えば良いのでしょうか。

続きを読む

「気にしない」を英語で!【どうでもいい】

なんとなく気分が優れないときや、物事が上手くいかないとき、何もかもがどうでもよく思ってしまうことってありますよね。自分に「そんなの気にしないわ」と言い聞かせることも、人によってはあるかもしれません。また、機嫌が悪いときに人に話しかけれても、「どうでもいい!」とぶっきらぼうになることもあります。そんな「気にしない」や「どうでもいい」は、英語で何と言えば良いのでしょうか。

続きを読む