エルニドの治安情報2021!【フィリピン・パラワン島】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エルニドは、フィリピンのパラワン諸島北部に位置する自然豊かな美しい街です。日本から行くにはマニラで乗り継ぎが必要だったり、パラワンの都市部からは車で6時間程の移動が必要だったりと、辿り着くには少々手間がかかりますが、それゆえに手付かずの大自然が残る素晴らしい街なのです。あまりに綺麗な海やサンゴ礁がある地域なので、「神が創造した最後の秘境」とまで呼ばれています。そんな神秘の地、エルニドの治安を今回はご紹介したいと思います。

エルニドの治安は大丈夫?

エルニドの治安は比較的良い

フィリピンと聞くと、治安の悪いスラム街の様な場所を想像される方も少なく無いと思います。確かにフィリピンには今でも観光客が立ち入る事ができない様な地域も場所によってはありますが、観光地として栄え、賑わいのあるエルニドは多少の警戒は必要なものの、安全でとても過ごしやすい街だと言えます。交通ルールやお店のシステムなど、日本と異なる部分には驚く事があるかもしれませんが、カルチャーショックとして楽しめるレベルです。

外務省が公開している危険レベルは「1」十分注意

「十分注意」のレベルの認識としては「治安は安定しているものの、スリや強奪などの犯罪が多発している地域なので警戒が必要」と言うイメージです。街全体は安全で安定した環境なので、女性が昼間に一人で観光したり、ツアーに参加したりする事も可能です。しかしフィリピンでは、日本と違って呼んだら迅速に警察が来て対応してくれる環境では無いので、用心するに越したことはありません。

エルニドの治安が良い理由

繁華街は観光客向けに栄えている

エルニドの海沿いにある街は観光客向けに栄えていて、昼夜問わずとても賑わいがあり、休暇のシーズンなどはホテルやペンションが満室になる程です。そのためお店や施設も観光客仕様になっており、従業員や現地のツアーガイドの方々も英語が堪能で、ほとんどの場所で英語が通じます。また、ホテルなども新しくセキュリティが万全の所が多いので、宿泊中の安全面や貴重品や荷物の管理の面でも安心して過ごす事ができます。この様に多くのサービスや施設が、観光客向けのハイクオリティ、ハイセキュリティな物になっているので街の治安の向上に繋がっています。

現地に日本人のツアーアテンダントがいる

エルニドには日本人の方が経営するダイビングショップがあったり、ツアーを手配してくれる日本人の現地ツアーアテンダントの方がいます。英語に不安がある方や、ツアーの手配などに自信の無い方は、日本からそういったサービスを利用してみるのも良いでしょう。エルニドにあるいくつもの小島を巡るアイランドホッピングツアーへもスムーズに参加する事ができます。日本語で前もって安全面についても説明を受けたり、質問したりできるので安心です。日本人の現地コミュニティーが日本人観光客のために現地スタッフに働きかけ、日々受け入れ態勢を整えてくれているので、私達日本人観光客にとっての治安も安定して維持されているのです。

エルニドの時間帯毎の治安状況

朝(6時~12時)

アイランドホッピングに行く海外からの観光客で賑わう

アイランドホッピングツアーは大体、朝の9〜10時出発なので、朝方は必要な物の買い出しや移動をする観光客で賑わいます。また、人出が多いこの時間に合わせて、マリングッズやアクセサリーなどの売り子がたくさん路上に出てくる時間でもあります。観光客には押しの強い販売をしてくる売り子も多いので、頻繁に声かけに反応するのはお勧めしません。危険な人々ではありませんが、大きなお金や高価な貴重品を持って近付くのはやめましょう。

昼(12時~15時)

カフェやレストランなどが混雑する

お昼時は、到着したばかり、もしくは帰国する観光客でレストランやカフェが混雑し始めます。大きな荷物を持った観光客が移動したり、お店を頻繁に出入りするので、置き引きやスリが起きやすい環境が頻発するので注意が必要な時間帯です。ホテルのチェックインの時間の前に現地に到着しても、予約しているホテルに荷物を預ける事ができるので、身軽な格好で街に行く事をお勧めします。貴重品や、小分けにしたお金などだけで出かけた方が安心です。

夜(22時~深夜)

繁華街以外は22時以降は出歩くと危険

日が落ちると繁華街を少しでも外れた道などは、街灯も少なく暗いので、繁華街以外の場所に出かけるのは危険です。他にも浜辺や路地では、引ったくりや強奪などの危険の他に、野良犬もとても多いので噛まれたりしない様に注意が必要です。昼夜問わず野良犬はとても多いのですが、特に夜間は犬が興奮しており、近くで騒いだり走ったりするととても危険です。出国前の期間に余裕があれば、日本から狂犬病のワクチンを摂取しておくと万が一の時にも安心です。

エルニドの安全なホテル・宿泊先

エルニド ガーデンリゾート (1人1泊11,000円〜)

海沿いで美しく周辺の治安も良い

エルニドは発展途上の街なので、たくさんの新しいホテルがあります。中でも繁華街に近く、海辺にあるものは景色も美しく、立地も良いのでお勧めです。中でも「エルニド ガーデンリゾート」は部屋の一つ一つがコテージの様に独立しており、プライベートな空間で寛げます。セキュリティも万全で、観光客で賑わいがあるので安全面でも安心です。建ち並ぶコテージの先にあるプールとレストランは浜辺の横に設置されており、景観がとても良くリゾート空間を味わえます。ホテルの従業員も24時間体制でデスクにいるので、問題が起きた時にも対応してもらえます。

エルニドでの安全・防犯対策

財布を持ち歩かない

普段日本で使っている様な長財布や分厚い財布を持ち歩くのは、あまりお勧めできません。大きいと買い物やレストランでの会計の際に、引ったくられたり、ほんの一瞬の間に置き引きにあったりする危険性があるのです。街を歩く際は、小さなボディバックなどにコンパクトな財布が望ましいでしょう。滞在期間中だけは、小物入れを財布がわりにしたり、万が一スリにあった時のために靴下や服の内ポケットなどに、お金を小分けにして入れておくのもお勧めです。

派手に着飾り過ぎない

ツアーや海辺で寛ぐ際は、あまり派手に着飾ったり、高価なアクセサリーなどを身につける事はあまりお勧めできません。海辺には売り子や現地の住人もいるので、金目の物を持っていると目を付けられてしまいます。少し目を離した瞬間に荷物を取られたり、頻繁に何か物を買う様に勧められたりするので、服装はシンプルで荷物も小さく身軽な物がお勧めです。ツアー中も、船では貴重品の管理などは個人の責任になるので、高価な物はホテルの金庫に入れるのが一番です。

まとめ

基本的には長閑で自然の美しい街

色々と注意点はありますが、基本的にエルニドの街は長閑で治安の良い街と言えます。荷物や貴重品の管理を徹底しなくてはいけないのは、日本の観光地でも同じ事なので過度に気をもむ必要はありません。現地の人々は陽気で親日家が多いので、楽しく交流する事もできます。ただし、日本とは文化や環境は大きく異なるので警戒を怠ってはいけません。エルニドを十分に楽しむために、不安な面の情報は集めてしっかりと対策して行きましょう。

あなたにおすすめ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*